FX関連用語集

 
FX取引
最近ブームになっているFX取引ですが、簡単にいうと、証拠金を預けてその何倍もの金額の外貨を売買する取引です。例えば1万円を預けて100万円分のドルを買う・・・といったことが可能になります。(これをレバレッジといいます)少ない資金ではじめられ、24時間、買いも売りもどちらもできるため、非常に融通がきく投資といえるでしょう。為替レートの変動以外にもスワップ金利で儲けることもできます。
 
FX (Forex)
外国為替や外国為替市場をForeign Exchange(略してForexまたはFX)といいます。
 
取引手数料
FX取引をする際には取引手数料が発生しますが、表示方法が各社によってばらつきがあるため少々わかりにくいかもしれません。「1万通貨単位あたり○○円」となっている場合や、単に「○○銭」とかかれている場合もあります。「1万通貨単位あたり片道500円」といった表記の場合は、1万ドル、1万ユーロ等を売買する場合の手数料をあらわします。片道なので、決済するとき(手仕舞うとき)にも同じ金額かかかります。単に「3銭」と書かれている場合は、1通貨あたりの金額を指します。つまり、1ドルあたり3銭ということです。すなわち、1万ドルを売買するときには、300円かかるというわけです。(3銭×1万=300円)
最近では頻繁に取引する人向けに、月額定額制のサービスも出ています。
 
スプレッド
スプレッドとは売値と買値の差をいいます。例えば、『105円20-25銭』と表示されればスプレッドは5銭となります。小さければ小さいほど取引には有利です。会社によって異なりますが、取引手数料と違ってつい見落とされがちなのでよく確認しましょう。なお、銀行での外貨売買、外貨預金ではTTS、TTBというレートで2円のスプレッドをとられます。それにくらべると証拠金取引はお得だといえます。
 
取引通貨単位
売買できる通貨単位で、多くの場合「10,000」です。(1,000というのも何社かあります)この場合、1万以下の端数は売買できません。つまり、最低取引単位は1万ドル、1万フラン、1万ユーロ・・・ということになります。
 
必要証拠金(レバレッジ)
FX取引は、証拠金を差し入れることでその何倍もの金額を売買します。例えば、”必要証拠金”が取引金額の1%の場合は、100万円を売買するのに必要な資金はたったの1万円です。これを「レバレッジ100倍」などと表現します。つまり、てこの原理で、1万円を元手に100万円(100倍)の売買ができるということです。
 
レバレッジ
レバレッジとは、「てこ」のことで、少ない資金で大きな取引を行なう場合に使われます。例えば、レバレッジ20倍といったら、元手資金の20倍の金額の取引ができるという意味です。それだけハイリスク・ハイリターンということでもあります。
 
最低預入金額
取引口座を開設するにあたって、最初に入金しなければならない金額です。無料〜30万円程度まで会社によって異なります。もちろん、無料の場合でも入金しないことには取引はできません。
 
スワップ(スワップ金利・スワップポイント)
取引をした2通貨の金利差を表します。例えば、高金利の通貨を買って、低金利の通貨を売れば差額分の金を受け取ることができます。もちろん、その逆もあります。レバレッジがあるため、金利といっても結構な金額になります。そのため、このスワップを活用して利益を上げるトレードスタイルもあります。
 
ロスカット
損切りのことです。FX取引ではレバレッジの効果によって元手資金以上に損失を被ってしまう可能性もあるので、損失の拡大を防ぐための仕組みが導入されています。これをロスカットといいます。ロスカットの条件は会社によって異なりますが、たとえば、預け入れた証拠金の30%分のマイナスが発生した場合、自動的にそのポジションは決済されてしまう・・・というケースなどがあります。
 
通貨ペア
取引する通貨の組合せです。 例えば、「A通貨を買ってB通貨を売る」といった取引の場合、通貨ペアはA通貨とB通貨です。扱える通貨ペアは会社によって異なります。
 
注文方法
利用する会社によって異なりますが、通常6種類〜9種類程度の注文方法があり、自分のトレードスタイルに合わせて好きな方法を使えます。以下は一般的な注文方法です。

成行(マーケットオーダー)
値段を指定せずに出す売買注文のこと。他のすべての注文よりも優先的に執行されます。

指値(リミットオーダー)
ある値段まで下がったら買いたい、あるいはある値段まで上がったら売りたいときに用いる注文方法です。

逆指値(ストップオーダー)
ある値段まで上がったところで買いたい、あるいはある値段まで下がったところで売りたい、というような注文方法です。

IFD(イフ・ダン・オーダー)
順位ある二つの注文を同時に出す方法です。第一順位の注文が成立したら自動的に第二順位の注文が有効になります。

OCO(オー・シー・オー・オーダー)
2つの注文を同時に出して一方が約定したらもう一方を自動的にキャンセルする注文です。

IFO(アイ・エフ・オー・オーダー)
IFO注文とは、IFD注文のうち、仕切注文をOCO注文に代えるセット注文のことをいいます。 「利益確定のための決済注文」と「損失限定のための決済注文」が全てワンセットで出せるので便利です。

トレール

トレール注文とは、逆指値注文に値幅指定機能を追加した注文です。売注文では現在値が値上がりすると指定した値幅で逆指値価格が引き上がり、買注文では現在値が値下がりすると逆指値価格が引き下がります。値動きによっては逆指値の価格を変更したい場合に有効です。
 
ロールオーバー
ロールオーバーとはポジションの持ち越しのことで、毎日ポジションを繰り延べています。決済をしない限り日々ロールオーバーされますので、実質的に期日はなくなります。
 
ページトップ

home        |        運営会社情報        |        免責事項        |        リンク
FXの達人 © 2005-2007 All rights reserved.
土地相続のすべてがわかる  顎関節症  リンパマッサージ